アクセスカウンタ

會と曽と曾

プロフィール

ブログ名
會と曽と曾
ブログ紹介
まず、
曾というタイトルは、私の顔の作りが曾という字に似ている、
と気づいたことがあり、それをタイトルにしました。
本ブログは基本は雑記とアルバムにULする私の鉛筆画を公開するためのものであります。
※私の書く日記は、大半が冗漫で長いです。本当にごめんなさい。でも、書くことが好きなので。ご勘弁を…。

zoom RSS

だから雑記・もしもし予約録画の消化。

2017/05/24 10:45
○昨日火曜は1年生と3年生。

 3年生は徐々に企画も固まって来て、少しずつ安心。

 1年生は下り坂に入る。
 
 デジャブとか思う。
 毎年後半に向かうに従って、緩くなる・来ないのが増えていく。

 もしかして、ある程度入りたい学科を目指してきているので、
 多学科に興味ないということなんだろうか。
 プロダクト系志望の学生は、いろいろ愉しみだと言ってた。
 確かに、いろんなことができて、作品に活かせそうだと思う。

 もう耐久レースとか消耗戦な感じになってくるのかも。
 その中で、一つ一つの課題に向き合う真面目な学生が、
 何ともカッコよく眩しく見える。

 オラも学生に戻りてぇ。羨ましい。

○帰りは焼き鳥を買って食べる。
 さすがに一昨日月曜は焼き鳥ではなく、コンビニ弁当にした。
__________________________
『5時に夢中(月)』
若林さんがお子さんを抱いてスタジオに来てる!

嬉しそうで、ああやっぱり可愛いと思う。
来週から復活するそうです。

『月曜から夜ふかし』
モモ缶のおつゆを棄てる人の気がしれない。ねえマツコさん!

モモを味わった後のお愉しみではないですか。

若い人達は愉しみを半分損して生きていると思う。

したいことだけしてればいい、という世の中になった。

小さな滋味をナンとも思わず、生きている。

『しょんないTV』
田中さん(この時は大丈夫だったのだろうか)が来て、
動物の魅力を日本平動物園で紹介。

いろんなネコ科が沢山見れるのがいい。行ってみたい。

『ひるおび』
○火曜は27℃の予想。
 ※風が吹くと心地よし。木蔭も涼しい。

○コンサート会場(駅改札との接続口で爆発という情報)で爆発。

 アリアナちゃん、ショックだと思う。20人近くが死亡という情報。
 負傷者も出ている。

 すっかりbPになったアリアナちゃんだが、
 「ヴィクトリアス」「サム&キャット」の役どころで好感がある。

 ちょっとトボけた感じが好きだが、今や二の線になられている。

○嗜好VS.マナー。

 だったら車内のスマホ、ジャマ。車内のアレは嗜好品でしょう。

 おかしな話だ。

 嗜好品は必ず犯罪になるんでしょうか。
 一部の、暴挙に出る人は確かに悪いが、
 嫌煙権バッジから始まった、
 数十年に渡る締め付けが犯罪に向かっているところから、
 考えてもらってもよいのではないか。
 犯罪してもしょうがない、と言ってるのではない。

 あまりに大量に“廃棄”された、
 喫煙者の心の澱を誰も掬い取ってくれない、
 というのは甘えなのだろうか。

 自分の嗜好を法律(法律ですよ?)で締めつけられる、
 というのはどんな想いか、判ると思うので、
 他の嗜好も同様に厳しくしてほしい。

 以前、
 酒についても殺人導入剤として認めるべきと書いたが、
 なぜ法律・条例が、もれなく均等に発案されないのか、
 全く不思議である。

 酒の何が社交だ、潤滑剤だ、一日の区切り、明日への活力だ。
 今日も元気だタバコが美味い、と一緒ではないか。

 もうゼッタイやってほしいのが、
 駅、車内への持ち込み禁止をするべき。
 泥酔客は改札を通さない、
 どうしても酒が飲みたければ駅構内の飲酒所で飲め、
 としてほしい。
 外国では屋外の飲酒を禁止しているところもある。

 日本も、酒を屋外で呑ませるな。花見酒などもっての他である。
 ↑こう書いていて異常だ、というのであれば、
 それと同様の事がタバコに課せられているというのを、
 なぜ考えられないのか。

『あさイチ』
○和久井様!! 

 泣ける時は5秒で泣けます。

 私はフランダース〜もキてしまいますが、
 “ふるさと”を歌う和久井様でもグッと来てしまいました。

 時間が迫ったので、後は録画で観ようと出かけました。

 でようやく、録画を視聴。

 ずっと初心をもってらっしゃるのを知る。

 だから何ともよろしい。麗しいです愛らしいです。

○ドア挟む。これ子供の頃、各所でやった。

 自分の経験から、バカなのだと思う。
 うちの母親は、どこから見てるのか、
 ちゃんと見ていて叱った。

 ゆっくり閉めるよう怒られても、
 反抗期なので、勢いよくやるから不用意に挟む。

 躾けなければ、懲りない。身体で憶えない。

 あと、咄嗟に動けなくなってないか。

 ドアが閉まる際に引き戻せば回避できる。

 こんなのは子供自身が学ぶことで、
 ゲームやスマホでできない。
 ※労働省だかのVRで、労働災害を未然に防ぐ、
  というのをやっていたが、
  そういうのを体験させると、いい躾けソフトができるかもね。

 危ないからとどんどん取り除くから、どんどんボケてく。

 ナンでも排除すればどうにかなってくのなら、
 嫌いな相手も排除していくような子供ができあがるだけ。
 
○背景が真っ白。ナニこれ。

 発達障害の人が指摘すればこうするのなら、
 全ての都市の景観も、
 全て無彩色にしてしまえばいいってことになる。

 それができるのか。やるのか。
 色と音の無い街が素晴らしい世界なのか。

 配慮するゆえに、変な方向になってってないか。

 できるところはやる、っていうのなら、
 服の色も全て色を失わせるべき。

 出演者・ロケ、
 全てに適応した方がいいということになる。

 それが望むことなのか。

 こういっては何だが、
 そういう障害者を対象に、
 彩度を抑えるコンタクトとかを開発する、
 TVの色設定を調整して観ることを実際にやってみる、
 という案を話してもいいのではないか。

 子供の事故と同じで、
 何か言われたら排除していく世界がいいのか。

 とても共謀罪反対とか戦争反対とか言えないぞヤナギ〜。

 相手国を排除すれば平和、
 という考え方が正しいということになりはしないか。
 
 色の無い音の無い、何もない世界。

 嫌な世の中が近づいている。恐ろしい。

『ひよっこ』
5/18放送分。

12番と呼ばれた時子は、
もうあの世に行くような顔をしている。
終わって帰って来ると、
帰っていいよと言われた、とミネコに話す。
※幸か不幸か、二人ともクマができている。

あんみつを食べて帰ろうかと言う。

寮に戻って来ての、
ミネコの“バカ…”が何とも可愛い。優しい。
※もう怖くて観てられない。

同部屋のみんなは時子を気遣うが、
そこに入って来たアイ子さんが、
ミネコの言うところの無敵で、
どうだった? と率直に聞いてくる。

この時のアイ子さんの励ましがカッコいい。

色紙は忘れてきた、と判ると、
今度まで預けておく! とのこと。

アがってしまい、気にするほどナマりはキツくなったそうな。

早口言葉も言えてるは言えていたし、
演技とかも伸び伸び表現できていたのに、何とも惜しい。

審査員の“残念だけど……”が、
標準語の役者を求めていたのが判る。
※最近だとあき竹城さんもそうだが、
 往時から方言を持ち味にした役者さんは沢山いた。

 時子、頑張れ! と思わず思ったら、
 アイコさんも頑張れって言ってた。

しかし寝言で泣きながらうわ言。
スミ子のカレーの寝言でシラケて皆が布団を被るのが愉しい。

でミネコが手紙で呼んだのは、ミツオだった。
※ウルトラマンみたいな存在?

5/19放送分。
川の護岸下で芝居の稽古をするのを見守るミネコだが、
挫ける時子と一緒にミネコも、
ズズズと工事柵の支柱から崩れ落ちる。
※この頃の工事柵は木製が多かったと思う。
 木製でペンキで色が塗られていた。

米穀屋に就職したミツオは、
そこの主・ご飯派と娘・パン派で双方口も利かず、
ミツオを仲介人として雇ったようだったが、
手紙でピンチを知ったミツオは、
どうしても日曜に休みが欲しいと頼み込む。

当日、米屋の父が、
どうしても2人きりにして行くのかと言うが、
振り切って出かける。
※さすがにミツオも呆れてたのだと思う。

 公園は深大寺?

銀ブラをした後に公園へ戻って来ると、
時子はまだ葛藤する気持ちを打ち明け、
辞めるとか言いだす。

ミツオは“諦めろ! 諦めて俺の嫁になれ!”
とミツオらしい、切ない励ましをする。

これで時子は嫌でも女優になる、と言い出す。

それを見ている米屋の娘がいたが、帰る。

『ティガ』
○ガッツさんでGUTSね。

 江ノ電の警笛に母怪獣と同じ周波数が入っていて、
 それで子怪獣が出没する。

 そういえば、水際のセットが無くなったなと思う。

○ホリイ隊員、なぜかモテモテなのね。

 最後は結婚式で終わるが、
 イジュウインさん(島崎路子様)と結婚してほしかった。

 結婚スか、という感じがある。

その他『鑑定団』を観る。

○「月曜から夜ふかし」のOP、
 スラローム・楽曲は'65年公開の映画だそうで、
 これで魘された記憶は間違いだったと思うものの、
 バックの女性コーラスとエコーのかかった感じ、
 ベルの音が怖い。嫌な夢のような感じ。

○私は若い女子の格好とかの“嗜好”が苦手だし、
 マナーについても、マジ勘弁です。

 嗜好VS.マナーなら、マナーだと言っていた八代さんには、
 是非若い女子の嗜好について、
 排除する方向で発言して頂きたい。

 しない。できないと思うから言ってんだげど。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

會と曽と曾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる