會と曽と曾

アクセスカウンタ

zoom RSS だから雑記・決して予約録画の消化。

<<   作成日時 : 2017/04/15 16:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

○本日土曜日昼、晴れてるので二階はかなり暖かい。

 朝型に適応するために早めに寝始めたので、
 朝もまあ早めに起きる。

 風が強かったので、下の住人は堪らず外出したようだ。
 まあ普段でも壁床を叩きまくるので、
 こんな強風の日はパニックだろうと思う。

 なので静か。きっと当人が一番うるさいで。
________________________
『モーガンフリーマン 時空を超えて』
光速を超えられるのか。

光は物体ではなく、全宇宙で一定速度でゆるがない、
というのが現状。

エネルギーと時間は同じ物なので、
亜光速になると質量が増大する。

となると、宇宙船は巨大で堅牢なイメージがある。

物体が光速になるのは不可能といわれているが、
光速は一定なのかというのを追及している科学者もいる。

ミゲル・アルクビエレは、ワープドライブについて、
空間に動いてもらうとする。

空間の形はエネルギーや質量でゆがめることができる、
から来ている。

ワームホールのイメージは、
泡の内側のイメージが近いそう。

負のエネルギーも必要だと考える人もいる。

空間の零点エネルギーというのがあって、物体間に働くとか。
※何となく、左右にレーザーを発射して、
 その間を進むのなら行けるのかも、とか思う。

『所さん! 大変ですよ』
同じ牛肉A5でも、脂の融点で見るものだそう。

胃もたれするのは、
熟成が進んでないためで融点が高くなるためと理解。

純白の油は△、ピンクが○とかいうが、
A5で胃もたれするというのは、熟成が進んでない肉を食べたためで、
それは消費者の目利きが悪かった、ということもあると思えた。

脂も脳には大事なんだという。まあ食べ過ぎに注意すればいいと思う。
ガバガバ喰えば、胃もたれするでしょうし。

『ニュース女子』
4/3放送分。

○日本は、
 内調、防衛省情報本部、公安調査庁、警察庁外事情報部、
 最近できた国際テロ情報収集ユニットがあるが、
 オシント活動・新聞などの公開情報を分析するのと、
 イミント活動・衛星画像の分析を行なうのが主だそう。

 換言すれば、
 インテリジェンスがないのをマスコミや野党は批判できない。

 日本はNSC、国家安全保障会議というのに、
 下位組織が情報を上げているようです。
 '16年9月に40人から80人に増員したが、
 外務省や警察庁から集めたとか。

 基本公務員でなければならないそう。

 収集は公務員でないとダメで、分析は部外でもできるという。
 末延さんは報道だったが、情報収集を行ない、
 外務省に無償で報告書を上げたそうです。稀なパターン。

 で、外務省と警察庁の主導権争いが行なわれているとか。
 「相棒」では、これを非常に単純化した構造で見せているが、
 いつものいがみ合いにしか見えない。

 戦後、自主的に旧軍人や現地残留の日本人が組織した団体に、
 遺骨収集に予算を付ける形で、
 CIAに情報を売っていた時期があったとか。

 現在、CIAは産業スパイ化しているそうで、
 日本でも産業調査員というのがいるとか。

○弁護側が、善悪の判断ができないからと、
 無罪を主張するのにも違和感があるが、
 仮に無罪となると、いったい何の仕事ができるのだろうか。
 自動的に生活保護を受けるのだろうか。

 刑法は責任主義で、
 これをひっくり返すというのは難しい。確かに。 

 100人に1人が統合失調症だという厚労省の数字だが、
 これ、そういう病名にして薬をあげる、
 診断出し過ぎるから数字が高くなるとか。なるほど。
 
 責任能力が明らかにないのは、
 元々起訴しないのだとか。裁判にならない。
 病院に行かせるそう。

 人権派弁護士は措置入院も人権を冒してるとかいう。
 まあ、ここを拠り所にするというのが無能な感じもする。

 犯罪の成立要件は、
 「構成要件該当性」「違法性」「有責性」の3つだそう。
 事実の存否の有無だとか。

○五輪を控えての受動喫煙・屋外広告・性風俗。
 期間だけ取り締まればいいと思うが、
 性風俗に関しては、
 ネットがあれば十分なんじゃないの? 今や。

 生きづらくなるのはタバコも同じで、
 屋外広告規制で収入がなくなるのなら、
 タバコ作ってる農家の人だってかなり苦しいと思うし。

『NUMB3RS3』
少年達が遊んでいる空き地に警官のバッジが見つかる。

アランは、
自分が設計した24時間ゴルフ練習場の照明が、
まぶしいと訴えられる。
※勝手に運営側が照明いじった?

バッジの持ち主はV90年に失踪したジョン・エベレット、23歳。
LA市警のゲーリーがやってくる。
当時、路上犯罪班で一緒に仕事をしていたという。

ステフォン・ブラッドリーというギャングを射殺したので、
兄が復讐したと言う。
ステフォン兄は武装強盗で10年服役、'02年に出所している。

発見された空き地にレーザー走査マッピングをかける、
というのを、
メーガンのランチであるポップコーンに、
ミネラルウォーターを入れて説明、
メーガンはクレームを言う。

兄・カルビンは現在更生して子供の支援しているという。
当時はBSFという黒人ギャングに兄弟がいた。

エベレットの奥さんが来て息子の心配をするが、
当時の同僚達がなだめる。

アミタは、
カリキュラム委員会の委員長辞退をメールでミリーに告げ、
捜しているが隠れている、チャーリーの所に来る。

ゲーリーとデヴィッド達がカルビンを遠くで眺める。
カルビンへの特例で、ギャングと接触していいといい、
本人が歓談している。

デヴィッドは、ゲーリーと当時の同僚達の言いぐさに閉口している。
黒人だから犯罪者、と聞こえているようだ。

チャーリーが空き地に来ると、リズが来る。
1mちょっと掘るよう指示している。
リズは、銃撃連鎖が使えないかと話しかけてくるが、
ドンは来ないの? が訊きたいようだ。
ちょっとあった、本人に聞いてとチャーリーは言う。

マッピングの通り、服を着た白骨遺体が出てくる。

検死で、頭に1発撃たれての即死のようだ。
カルビン宅にLA市警が来て、直ぐに本人に手を出すので、
デヴィッドはたまりかねて、“やり過ぎだ!”と怒る。

当時、エベレットの車がカルビン宅の近くで発見されており、
脅していたのは物証になり得るとデヴィッドはカルビンに言う。

カルビンは警察の態度を恨んでいて、ゲーリーの迫り方にイラついて、
弟の死が当たり前なら、こいつも同じだと言うので、
ゲーリーがキレる。

だが、エベレットの頭にあった銃弾は38口径で、
エベレット自身の銃だったのが判明、メーガンが妻の家に出向く。
そこでは息子が、当時の同僚達と遊んでおり、
4人の代理パパがいるから、と言う。

エベレットの自殺の可能性は、と聞くと、
ステフォン射殺後は落ち込んでいたが、そういう人じゃない、と言う。

アミタに、委員長を辞退したのを聞くと、
気後れしてしまうし、自分達の仲が噂になってるし、
チャーリーに守ってくれと言うのも変だし、と言うが大丈夫と話す。

ゲーリーはメーガンの処に来て当り散らす。
※何でこんなにナーバスなのか。

落ち込んでいたと聞いただけだと抗弁する。
※ちなみに、前回からメーガンは服や髪をあまり構わず、
 今回は元気がない。

チャーリーは、ギャングの縄張りが10ブロック以内で、
そこから出ないで暮らすことさえあることから考えたと話す。

'90年当時の縄張り地図を集合行動理論で分析すると、
当時、BSFは敵対する18丁目メキシカリで、
ブラッドリーがそこに行くのは難しい、
と聞いて、ゲーリーは絶句する。

リズは、メキシカリのメンバーから割り出されるかも、
とチャーリーに記録を渡すアイデアを提案。

ミリーがアランを訪ねると、アランは照明を煌々と点けて、
ゴルフをやっている。
設計図面を見たミリーは、計算を見直してあげると言う。

ゲーリーがバーで飲んでいる処にドンが来ると、
カルビンだと思って、17年考えてきたのが、
思い違いだったと知って落ち込んでいる。

メキシカリは既に存在していないが、
当時のメンバーが何か見てるかも、
とドンとゲーリーがジミー・ロペスを訪ねる。

ロペスはエベレットという名前を聞いたことが無い、
というのでゲーリーが殴る。

BSF絡み、復讐で殺された、
相手が警察だったら敵でも組むと言う。

アミタが、委員長を受けることにした、
委員会に出てきたと教授室に来る。
チャーリーが、僕も手伝う、僕らは似ている、
いつも助けられていると言う。

銃撃連鎖では見つからないので、アミタが不十分なんじゃない?
と言うので、考え直す。

被害者・エベレットの足取りに注目した、とチャーリーがプレゼン。

今回用いたのはクリティカル・パス分析というもので、
当時のエベレットの行動を調べたところ、
予定を2件変更しているのが解った、予定をこなして移動する際、
経路が短くなるように効率的に組み立てるという。

そうなると、BSFが空き地で殺害し、
車は後から縄張りに移動させたか、
BSFの縄張りで殺され、
別の手段で空き地に移動させたかの2つしかない、
どちらかは事実じゃないと言う。

そこで2つの分析、エベレットが行きそうな区域に確率スコアを与え、
最初のは、エベレットが空き地に行ったという仮説、
もう一つは、BSFに行ったとしたら、
と2つの離れた場所を表示すると、
ゲーリーが、
BSFに先に行った場合の場所の近くに、
内務調査部の本部が当時あった、と話す。

デヴィッドが、
チャーリーの言う通り、
内務調査部に向かう途中で殺されていたと話す。

ドンは、繋がりがないと思えないと言う。

ブラッドリーを正当な射殺としていたが、
ゲーリーは、内務調査部は違う見解だったと話す。

ステフォンはエベレットに射殺される3日前、
連続射殺容疑で連行されていた。

リズが続けて、
敵対ギャングのアジトを襲い、そこにいた全員を殺害したと話す。
※リズがドンを意識しているのがバレバレ。

ゲーリーが、ステフォンは悪徳警官の情報と引き換えに取引した、
その警官がエベレットとは思えないと言う。

ステフォン殺害の状況をドンが訊くと、
ステフォンが2人殺したというタレこみ電話があって、
その時ステフォンが恋人の家に居たが、
逃げようとするところをエベレットに撃たれているとゲーリーが話す。

リズが、エベレットは内務調査部に向かう途中、
BSFの縄張りに寄ったのはナゼ? と聞くと、
メーガンが、罪悪感からかも、ステフォンの兄に会いに行った、
と推測する。

そこでカルビンに再び会いに行き、エベレットが失踪した日、
会っただろ? と聞く。

替わりに誰かにやらされた? とゲーリーにカルビンが言うと、
ドンが待て! と言う。だがゲーリーが話を進めてしまう。

カルビンは、あの日謝りに来た、警察がステフォンに、
メキシコ人の麻薬アジトの場所を教えた、
ステフォンは全員殺したが、警察は知らないふりを決め込んで、
弟の口もエベレットに封じさせた、やらせたのはあんたらだ、と話す。

もう行っていいか? と訊くので、
ドンが“ゲーリー、どうだ?”と確かめさせると、
行っていいとゲーリーは言う。

ミリーがアランの元を訪ねると、相手とモメている。

ミリーは学校のCADプログラムでシミュレーションした、
スパコンを使って、管理者にバレたが誰がチクる? と言う。

見ると、ポリプロピレンの色がおかしい、人工芝も指定どおりではない、
業者が安い資材を使ったため、光が反射した、と判り、
“だろ? 窮地を脱した”と言う。

照明を大量に点けた電気代を心配するが、ここはチャーリーの家だ、
とアランは言う。

デヴィッドは現実に目を向けようと言う。

メーガンが、カルビンの言ったことを考えてみようと持ちかける。

もし本当なら、警察にギャングの隠れ家を教えた人間がいるという。

メーガンが、地図を示して、
ステフォンが襲撃した麻薬組織の隠れ家は、
メキシコ系のギャングの縄張りに散在しているという。

メキシカリだけが襲われなかったのは、
メンバーが警察にタレこんだからだとゲーリーが説明する。

ジミー・ロペスとメーガンがつぶやき、
リズとデヴィッド、ゲーリーが再び職場に来ると、
出て行ったきりだという。

トラックは? と聞いて近づくと、荷台の中で死亡していた。

ロペスは麻薬の過量接種で死亡、
しかも針が折れて残っていると検視結果。

デヴィッドが、
混合麻薬で、ヘロイン・ストリキニーネ、粉ミルクのブレンドだといい、
麻薬ディーラーは混ぜ方に特徴があると話し、
チャーリーに検査データを照合してもらうという。

チャーリーが統合的道程法を使って、
配合からディーラーを割り出していると、
アミタが来る。

委員長に燃えてる、今はクラスター分析、
実際には事後相関法で過去2年間の記録から、
最優秀授業を分析している、と言う。

古いカリキュラムでも成果は変わらない、
と聞いたチャーリーは、FBIに戻る。

古いケースで検索したら1年前、3人該当者が出た、
一人はヘクター・オソリオで、
主任捜査官・デヴィッドソンの麻薬チームに逮捕されており、
大量の麻薬が押収され、証拠保管室にある筈なのに、
となると、証拠を見れるのは主任捜査官だけと結論づけられる。

ゲーリーはデヴィッドソンを見つけるなり殴る。
ドンが止めるが、ロペスはお前が押収した麻薬を打たれて死んだ、
と言うと、何の証拠もないだろ! とデヴィッドソンがトボけるので、
ゲーリーが掴みかかる。
カネは取ってない、俺は街を安全にしただけだ、
と嘯くとゲーリーは怒りは頂点に。

エベレットが密告しようとしたから殺したのか?
と訊くと、あいつが悪いんだ、内務調査部に向かってた、と答え、
あいつは言うことを聞かなかった、どうしようもなかったんだ、
と言うのをドンが連れて行く。

チャーリーが帰宅したので、
訴えは取り下げられており、業者が追及されることになっていると話し、
(照明を点け過ぎて)ブレーカーが落ちた、PC大丈夫か、
と聞くと、血相を変えてガレージに向かう。
“冗談なのに”とアラン。

リズとドンは夕食。リズがメッチャ綺麗にしてくる。

リズは不安だったので訊くと、自分は先読みしてる気がして、
と答えると、中年の危機? と訊く。

ここに来るの見られてない?とリズはテーブル前のカーテンを下ろす。

ゲーリーはエベレットの墓参に来て、
ジョニ黒300$を、キャップに1杯墓に垂らし、
自分もキャップに垂らして飲む。

ドンが来ると、17年間見えなかった、と悔やみ、
エベレットはいつもニコニコ顔のおかしなヤツで、
小さな赤いラジオでいつも好きな曲を聴いていたと話し、
瓶のスコッチの残りを全部注ぐ。
※ゲーリーはある意味正直で、
 直情傾向だからこそ、この悔恨のシーンはカッコいい。引き立つ。
 赤いラジオというのも、色が想像しやすい。
 多分、ウォークマン系だったのではないだろうか。

※CM。石原さとみがどんどん安くなっていく。何で?

『ティガ』
機械人形と機械島の後編。

人類があるラインまで到達すると作動する、
宇宙側のリミッターとしての存在だった。
※ある意味、映画版のモノリスに思える。

マキシマのエネルギーを主砲に“スループット”するという。
※図解で見ると転化するに近く見えた。

相殺させることで破壊する。
※絵的には、オーバーロードを掛けたように見える。

その他『5時に夢中(木)』を観る。
________________________
○下の住人に、“お前が一番うるさいねん”とか言うと、
 こちらが一番うるさくなるので、
 どうやってそれを教えたろか、と考えたりする。
 
 いちいちこちらの小さな物音が癇に障るようだが、
 それもう防音工事したマンションに住むしかないやんか。

 バカリズムさんの理論だと、
 褒めて持ち上げるといいのかもしれないし、
 m@g@r@様が提案した、
 スピーカーで何か音を流すというのもいいのかも、
 と考えてみる。

 ただ、スピーカー類は持ってなくて、
 ギターアンプなら流せるが、
 “ここぞのイッパツ”かとも思う。
 ※PCのスピーカーはあるのだが、
  デカい音が出るわけではないみたいだし。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
だから雑記・決して予約録画の消化。 會と曽と曾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる