會と曽と曾

アクセスカウンタ

zoom RSS だから雑記・どっち予約録画の消化。

<<   作成日時 : 2017/04/04 23:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

○引き続き、予約録画の消化の更新。
_______________________
『しょんない』
秘密基地。

まあ家族がいると、こういうのができる。

ツリーハウスを気に入り、
瀧さんは柴田山に作ってもらうことを依頼。

『ひるおび』
○後ろを尾ける映像があるとか。
 
 尾行しているのなら、車のところまで行く間に犯行しそう。

 もうできるハズなのだが、
 リアルタイムマスキングとかやるといいかも。

 そうなると、観ている実況映像がそのままの物なのか、
 加工された物なのか、一般・リア充さえ観ていて判らなくなる。

 ということは、一般やリア充が信じた物が本当なのか、
 なんてのは画像・映像共に、バーチャルなワケで、
 現実という幻想を生きていることになる。

 連れ去り時に、
 周りの家が誰も見ていないと思うものなのか。

○“責任者”が旅館にいる、というご遺族の話。

 いろいろなことが、ホントにこうしていると思う。

 管理事務所に責任者がおり、
 現場でラッセル訓練を持ちかけられたのでOKを出した、
 と言う流れになっているが、
 責任者とは何の責任を執る立場なのかと思う。

 責任者は「経験則」で判断した、
 通い馴れていたから大丈夫と言っていたそう。

 山をナめてたのだと批判が高まる。

 “自分の子供ならどうなのか?”を志らく師匠が言う。
 もっと言えば、他人様の子供を預かるのだから尚更、と思う。

○石油が安い時になぜ買っておかないのか。
 予め値上げするってことか。
 企業も刹那な生き方してるのか。

○車が突っ込んでくるなら、発砲するしかないかも。
 それが憚られるなら、槍でも投げるしかない。
 そういう携帯武器を作るしかないのかも。

○月曜は午後3〜9時までに雷発生確率が20〜30%。
 確かに数度鳴る。

○フィギュア。
 麻央ちゃんいないなら、観てもね。
 しかも男子に男が興味湧くか?

『ひよっこ』
1969年・昭和39年の頃の話。

茨城県・奥茨城村から始まる。
※いい所! 日本の原風景と言っていいと思う。
 普遍性が感じられる。

谷田部家・ミナコは高校三年生。
父は東京の建設ラッシュで出稼ぎに行っている。
霞が関ビルの現場にいる。

茂爺、母・美代子、妹・チヨコ、弟・進と暮らしている。
※スゲえな、佳乃さん! リアリティある。

ミナコの友人には同級生・助川時子、ミツオがいる。

※昔のボンネットバス、懐かしい。そうそうこうなってた、と思う。

 やっぱ架純ちゃん、スゲえな。融け込んでいる。

『新・十津川警部シリーズ』
記憶を無くしていると思われる男・アキラが返り血を浴びて、
警邏中の巡査に確保される。
その頃、伊香保ではアカリという女性が刺殺体で発見され、
その血がアキラに付いていたのが判る。

アキラに、アカリ・伊香保と話しかけると反応する。
※何であの場所に行ったのかと思う。

アキラは入院するものの逃げ出し、
榛名湖周辺のコテージに隠れる。

アキラと付き合っていたヒロコという女性が現れ、
アキラの消息を尋ねているのを十津川達が見つける。

聞けば、アキラは榛名湖の撮影、
夏には伊香保祭を撮影している写真家。

ヒロコは本の装丁をしていて、
イタリアから急遽戻ったのだと言う。

前年末から連絡が途絶えがちになっていたが、
突然電話が掛かり、アカリとワインバーの話をしてくるので、
“別れたいの?”と咎めると切れる。
そして、5日前にメールが来て、帰国して伊香保に来たのだと言う。

アキラは、何も見てないと言っていたが、
それは何かを見たと思われていることにもなると考える。
アカリがアキラを口封じしようとしたのかとも思われる。
※写真のどれかに写っているハズだが、この段階ではまだ見ない。

アキラは尾け狙われている気がすると言っており、
横断歩道で突き飛ばされたとも漏らしていた。
コンビを履いた男が目撃されている。

アキラは渋川スカイランドパークをフラフラと歩き、
コテージに帰ると、コンビの男が入って来て、
アキラを絞殺しようとするが、
男は金床に頭をぶつけて死亡、
翌日にはコテージの管理人に発見される。

アキラの指紋が発見され、新聞紙がちぎられていていた。

それは'16年11月24日の上毛新報で、
それを調べると、そこにはイガラシという男性が、
榛名湖畔で、片手を出した状態で埋められており、
体中に打撲傷があり、追突され、遺棄されていたのが判る。

その頃、東京では橋梁下で遺体が発見され、
二課のクロダ課長がやってくる。
十津川班も来ており、その遺体は毛布にくるまれ、
縄とそれを繋いだ錘のブロックが括りつけられている、
プロの仕事で、集団で行なったと思われた。
クロダ課長が探していた女性だと言う。
※犯人は撮影データをどうした?

所轄のカノウ刑事は、
本庁刑事に自分の父を殺されたと逆恨みしているようだ。

アキラは祖母宅に来ている。

十津川は刑事部長に呼ばれて東京に戻り、
そこで二課のクロダ課長との合同捜査に入る。

コテージの死体はヤマジノブマサと言い、
地面師という、他人の土地を勝手に売り、
億単位の詐欺を働く組織の一人で、
役割分担している中の脅し役だったようだ。

イガラシは東京五輪の再開発で、
マッカーサー通り近辺を所有する資産家で、
橋梁の、車で跳ね飛ばされた遺体も新橋の資産家だと言い、
二人とも身寄りがないという。
※アカリが心中工作した?

アカリは地面師の主犯の愛人だと判り、
何らかの理由で、アキラを伊香保に呼び出したと判る。

アカリの書いた夢二のネット分には、
誰かが書き足していたのが判る。

アキラだと判ったのは、榛名湖の写真集からのようで、
ヤマジが見つけて疑い、アカリを近づけさせたようだ。

二課と協力し、地面師グループを追ってもらい、
十津川はアキラを確保するとし、
アキラ宅から写真を回収、
榛名湖周辺の画像を調べろという命令を下す。

ヒロコがアキラの祖母の家を知っていて、
十津川を伴ってやって来る。

十津川がヒロコに先に行かせたのが、
アキラが本当に記憶を無くしたのか診るためだったとヒロコは知り、怒る。

アキラを伴い、榛名湖周辺を歩くと、
ここから飛び降りたと思い出す。

ヤスハラ警部補はネット分を解析していたが、
その文の中には至る所に虹と記してあり、誤記かと思われていたが、
それは主犯格・レインボー興産のサワイを指し、
暗に告発していたのが判る。

そして写真を調べていた村川達が、
榛名湖近くで、
イガラシを埋めていた、
サワイとヤマジの姿を納めていた1枚が出て来て、
惚けるサワイに証拠を突きつけた十津川は、
カノウに令状を渡し、手錠を懸けさせる。

『NUMB3RS3』
リズの家にドンが来てお泊りするが、
変電所の変圧器に車が突っ込み、
ランディ・サイルスという作業員が死亡した連絡が入り、
お預けとなる。

その変電所・ミッションヒルズは、
ルノー電力の所有でスト中だったが、
ランディはストを破ったのだと思われる。

ミッションヒルズが止まると、
その他に高圧電流が流れる恐れがあり、
送電が止まってしまうとチャーリー達が言う。

ラリーとチャーリーは静電気でアルミで囲まれた凧を浮かしている。
※懐かしい。TVでもやった、
 オリオン座の方から来ているエネルギーで飛んでるとか、
 すげえ採り上げ方をされた記憶がある。

それを波及的故障と言い、それを狙うならこれで終わりではない、
と話す。

ランディが組合から脅されていたようだと妻の話で判るが、
その際、2日前に別のも止まったと言う。

それはボイルハイツの変電所で、ルノー電力が所有していた。

機器が損傷していたが、メンテナンスが滞っていた。
次を狙うのを、潮流解析で予測できるとチャーリーが言う。

リズがドンに会いに来て、サングラスの忘れ物を届ける。
仕切り直しは大歓迎と言うのをメーガンが見ている。

デヴィッドとコルビーは、チャーリーが予測した場所、
マルホランド変電所を高台で張るが、
別の場所が停電するのを目撃、
現場に来るとラリーが来ている。

コルビーは、何でメーガンがラリーと、と随分気にしているが、
メーガンと一緒に現れたので、目が点になっている。

鉄筋の欠片で変圧器がショートした、
サージ電流が流れたとラリーが説明。

だが、この変電所はルノー電力の所有ではなく、
独立系企業の所有だった。これで組合の線は消える。

金網には男の焼死体が絡みついており、
ショートで金網に感電したのだとラリーが言う。
ポケットが外に出ているので、誰かがポケットを探ったと判り、
共犯者がいると思われた。

メーガンが首の後ろを見ると4-B-27とあり、
男が元囚人だと判る。

その男はアレハンドロ・ムニョスと言い、チノに服役していたが、
共犯者はライル・ドナヒューといい、
元公共事業委員会のメンバーで、
公共料金の価格操作を行なって捕まっていた。同じチノで服役している。

チャーリーは、どの変電所もいい標的を狙ってない、
停電が目的なら、その目的が判らないと言う。

チャーリーの家にいるアランの元にドンが戻って来るが、
チャーリーから、
ロビンではない女性と仲良くしていると聞いたと言われ、
浮気か? と咎められる。

その頃、デヴィッドがドナヒューを発見した、
カードが使われたと飲み屋に向かう。

飲み屋で若者がカードを使ったと判り、男は逃げるが、
車から盗んだ、オレは殺ってないと答える。
運転席の男はドナヒューで、プロの仕業だと判る。
更に共犯がいることになる。

チャーリーが集合論で関連性を見いだせたと地図を見せる。
3日連続で変電所を停電させる、その地域は街の中心部だという。

ドナヒューの車にあったメモをメーガンが見せると、
ダンツク・ウルフ分解だ、ネットワーク遮断戦略の数式を見つけ、
これは高度だと驚き、分析に行こうとすると、
ドンが“余計な事言ったろ?”と咎めると、
チャーリーはゴメンと謝るものの、でも何で? 
ロビンと上手くやってたのに、と残念がる。

なぜ、選ばなかったのか、という点に着目するべきだ、
とラリーは言い、排他的アプローチを考えてみる。

リズはタバキアンをサンディエゴの隠れ家に移送することが決まる。

チャーリーは、街の中心部には、
12か所の変電所から電気を送っているが、
今回の3か所はどれも、大した影響が出ない所ばかりだと言い、
残る9か所が停電させられないからだと言う。

で、その中で特定されたのが、Jエドワードライスビルで、
そこには連邦拘置所があると言い、脱獄計画が疑われる。

拘置所で話を訊くと、所内は全て電動で行なわれており、
停電に備えてバックアップ電源が、30MWのディーゼルで4つ、
自動で切り替わるようになっており、
地下二階にあるので安全と言う。

メーガンが支部の外で何かを考えていると、ラリーが現れ、
連邦拘置所に行き着いたがと悩んでいるので、
それはボトムアップ分析をしているからだと指摘する。

ムニョスから始まった、次はドナヒュー、次は?
正しい方向で釣りをしていると言えるのか、
でムニョスは? と言うと、ムニョスに戻るってことね、
あなたって天才! とキスしてくれる。

もう一回見直すことにした、ムニョスはカルテルと繋がりがあり、
タバキアンに流していたが、カルテルが停電を起こすか?
と考える。

拘置所の発電機の燃料は? とチャーリーが尋ね、
3日、3回の発電で空になっているハズ、
となれば燃料を補充するハズ、
と言う。

ちょうどその頃、拘置所に補給トラックが来てゲートをくぐる。

タバキアンの口封じをする気だ、と拘置所に向かう。

トラックが入って来る中、リズも移送のために受付に来る。

トラックに近づいた看守をドライバーが射殺、
タンクの中から犯人達が出てくる。

受付で、銃の持ち込みは禁止と言われ、リズが銃を出す。

ようやく、ドンが拘置所前に来ると、トラックは既に到着していて、
タンクは空、トロイの木馬だとデヴィッドが言う。

リズは、ベランホ検事補と会い、タバキアンが独房から出てくる。

リズは司法取引に応じたタバキアンに“Mr.”と呼ぶ。
最接近した殺し屋達は看守を射殺していき、
銃撃戦が始まると、司法取引したよな、必ず守れとリズに言う。

そこにドン達も駆けつけ、移動を促し、リズに銃を渡し、
検事補、タバキアンも連れて行く。

殺し屋達は全員射殺、
指令詰所に預けようとするタバキアンは撃たれるが、
弾は貫通、助かる。

リズは“借りができたわね”とドンに言うと、
借りを返すよ、と答えると、所長が話をしたいって、
と呼ばれるので、行かなきゃと向かう。

ドンが帰宅すると、“そーら見たことか!”とチャーリーは言い、
当たってたろ? とニヤリする。

アランもチャーリーも寝ようとすると、
ロビンの事だけど、とドンが切り出し、
実は先週、フラれたと答える。“ポイされた?”と父がからかうと、
“うるさい”と笑う。

“お前は頑張った、いい兆候だ”とアラン。

TVでも観るか、と言うので、
チャーリーが“ポップコーン作っちゃお!”と言う。
ドンは“ありがとう”と父に言う。

『ティガ』
※ここ数作では、アタマが真ん中部分にある怪獣デザインが多い。
 同じ種、系統、亜種ということなんだろうか。

 レナのカレシがイルカだと判る。

『青エク 京都不浄王編』
10話。

不浄の心臓を確認、
しかしリュウジは瘴気を吸ってしまう。

不浄王が覚醒するものの、リンが近づけず。
リュウジにもコブが出来てしまう。

皆は結界外まで総員退避、と呼びかける。

一方、トウドウと対峙するシマはアグニの加護を受けている。
ユキオは僕も戦います、と炎VS.炎の戦いとなる。

見てとったユキオはフェニックスの悪魔堕ちだと認識する。
雨が降り始めている。

ユキオが“僕の考えを聞いてもらえますか?”と耳を借り、
それを聞いた皆は、こっちもただでは済まないぞ、と言いつつも、
その案で行くしかないと覚悟を決める。

トウドウを地上で攻撃しているうちに、
シマが上空から炎をトウドウに直下で浴びせる。

悪魔と憑依体は同等でなくてはならず、
憑依体の限界を超えると容量オーバーとなる、
とユキオが基本の知識を思い出している。

トウドウがカルラの再生能力をナメるなというが、
左腕が既に崩れ去っている。

トウドウが雨だと気づくには遅く、
身体が灰となって水に溶けてしまうとユキオは言いつつも、
だがトウドウはやがて元に戻る、拘束するには時間がかかる、
本体と合流しましょう、とシマ家に呼びかけ、
向かおうとすると、再生し始めた体のバーツがそれぞれを襲う。

ユキオにもかん言を吹き込みながらトウドウの一部が迫る。

結界はリュウジとリンが張っているとヤオゾウが言う。
シュラが、二人の援護に行く、
とシマとコネコ丸によくやったと走って行く。

シマは、パフパフしてくれんと、と元気になっているので、
コネコ丸が“元気やんけ”とツッコむ。

イズモを救おうとするシエミは、ゼニゴケ他で菌の表面を覆うよう、
ニーちゃんに命令する。
悪魔を使って無害化しようとするので、イズモは止めろ! と気遣う。

リュウジがカルラに、オレを護れと呼びかけ、
カルラが了承すると炎で瘴気を遠ざける。

不浄王が一旦引く。リュウジは二重の構えとして、
両指を地に付ける。
リュウジの守護に結界の一部を使っているので、
15分もつか判らない、身体がもう限界だ、
コネコもシマも間に合わなかった、と珍しく弱音を吐く。

クロにも瘴気がくっ付き呑み込まれてしまう。
それでもリンは剣が抜けない。

リュウジが、はよ行け、1分1秒も惜しいわ、
とリンに避難に向かわせようとするが、
リンが“京都タワーだ!!”と急に言い出す。
京都タワーに上りたいから、みんなが無事じゃないと困るというが、
リュウジが、恥ずかしい、京都人はタワーに上らん! と怒る。
おしゃれスポットだと思ってたのに、とリンが凹むと、
リュウジは笑う。“ホンマはガクガクのクセして”と言い、
友達やしな、とニヤリする。

リンは内心、どうして俺を助けた、何のために俺は助けられた、
と問いかけているが、遂に剣が抜ける。

11話。
シュラがリュウジの元に来て、瘴気を除去していく。
シュラはリンに、
“お前に頼るしかない。
 生かしたことが正しかったと証明してみせろ!”
と叫び、自分の居場所は自分で勝ち取れと呟く。

リュウジが倒れ、結界が外れ始める。
雨で抑えているから菌の繁殖が遅い。

トウドウをユキオが探すが、動きが速くて見えない。

悪魔のかん言に耳を貸してはいけない、
ナイアスのマジック弾なら、
雨で2,3倍の威力になっていると確認する。
“お前は誰で、何が目的だ”
と問いかける。
捕獲は諦めて逃げましょうとユキオは呼びかけ、
本体に合流しようとするが、

ユキオにトウドウの一部が悪魔の顔だったとユキオに話しかける。

リンは瘴気を切り払うものの、なかなか本体に迫れないので、
ウチシュマが“見てられんわ”と出てくる。

ウチシュマからすると不浄王は永年の宿敵で、
ヤツを倒すなら導く、カショウ三昧によって、山肌ごと焼き清める、
と言う。

苗床から復活しないよう、汚染をもれなく浄化すると言うが、
みんなもやられてしまうことをリンは恐れ、
“これ以上力入れたら、オレが消し飛びそうだ”
と解放できない。

ニーちゃんが消えてしまうが、シエミは逃げず、
瘴気ダマをよじ登ってイズモを引っ張り出し、
それだけでよかったんだ、と落下する。

イズモが呼びかけると反応するので、バカ! と怒り、
こんなノンビリしてられない、と照れると、
カショウ三昧が発生、驚く。
ユキオはリンの元に向かう。

リンは炎をコントロールすることを考える。
信じてくれたことに応えたい、と集中する。

しえみが炎を暖かいと感じる。
菌糸だけ浄化していくのをメフィストが見て、
まさに送り火、
同族殺しの青のエクソシストの誕生だと喝采する。

ウチシュマが、終わった、去ると告げ、人か悪魔かとリンを見る。

炎を操れた、燃やし分けたとリンは手ごたえを感じる。

ヤオゾウが自分も長く汚染されていたが、
浄化してもらえたので、感謝してもしきれへんと言う。

コネコ丸が、奥村君、ありがとう! と泣きじゃくる。

ユキオが追いつき、リンをどうして出したのか、シュラに尋ね、
ご機嫌のリンに、ふざけるな! と殴る。

俺はサタンの子で、逃げることができない、
これも俺なんだ、認めてくれ、と言いながら昏倒。

俺は何の為に…、と呟く。

その他『まるみえ2時間SP』『5時に夢中(月)』『ジャニ勉』を観る。
___________________________
○昼間に寝ることが増えているので、減らしていかないと。
 日昼に壁や床を叩きまくるのは、まあ土日ぐらいか。

 学校が始まれば、目覚まし代わりになるが、
 下の部屋の壁や床材が通常よりも劣化が激しくなるとも思う。

 不動産屋も大変だなと同情。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
だから雑記・どっち予約録画の消化。 會と曽と曾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる