會と曽と曾

アクセスカウンタ

zoom RSS また雑記・はい予約録画の消化。

<<   作成日時 : 2017/08/10 16:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

○本日木曜0時には目が覚めた。嫌な夢を見たためでもある。
 カラオケに行くのは寝起きだし、と踏みとどまり、
 起きて過ごす。

○気温は涼しいのだが、エアコンを切ると暑くなってくる。
_________________________
『鑑定団』
○田中寅彦さんが穴熊とか発明したんですか?

『何だコレ』
○とはいえ、弾丸より遅い。

 コートの手前から奥に抜けて行った、
 というのも変だ。

 どうやら雲の白さに影が消えたからかと思えた。

○何で毛利さんや山崎さんに聞かないのかなと思う。

 ついでに聞いただけか。

『何コレ珍百景SP』
○吉田さん、今や引っ張りだこ。

○やっぱりチョイスがもうダメ。

 復活させるなら初期〜中盤のイメージであってほしかった。

 終盤に増えた、
 珍人間の番組ではないハズ。

『ひるおび』
○いやそれはJNNも同じでしょう。

 身内に甘いのはどこも同様。

○北朝鮮に汚染水の無害化ができるのなら、
 メリットあるが。まあお金貰ってやらないだろうな。

 或いは北朝鮮と敢えて仲良くなって、
 中国と韓国を分断するとか、どう。

○岸田さんが生出演!

 この人が首相になって、
 大臣が不始末したら辛くて見てられない。

 いやホント、党内に監察機関作るべき。

 これを機会に圧力団体の後ろ盾がある人間は、
 野党になった時まで温存、生殺しするってのはどうか。

○甲府駅に意外と木が少ない。

 降りたなら木々に溢れてるとか、
 意外と市民は緑が嫌いなのだろうか。

『パーソン・オブ・インタレスト3』
#23。6/14放送分。

'10年。コリアーの兄? ジェシー・ブラントと暮らしている。

コリアーはロースクールに、
航空整備士である兄のお金で通わせてもらっている。

フランキーという息子が兄にいる。
ところが突如、NSAから逮捕状を持った男達が兄を拘束。

現在。
オットーという男がビル屋上にジョン達に追い詰められ、
飛び降り自殺。デシマの社員という。

ルートが現れ、保険金の為に自殺するという。
家族に遺すためだそうだ。

フィンチを探すのが最優先とジョンは言うが、
マシンは他に優先するべき指示を出す。

グリアとフィンチは空きフロアで話している。
人工知能の生みの親なら、破壊することもできる、
とグリアはいい、サマリタンが完成すれば不要となる、
それまで生かしておくと言い置いて立ち去る。

飛び降りたオットーのポケットから車のキーを取り出し、
ジョンからナイフを借りたルートは、
ラジオのGPSトランスポンダーを切り取って、
男の子達に解析させる、とトラックに向かう。
荷台を開けると、3人の青年がいる。

その中に、ジョンが奥歯を抜いたケイシーがいて怯える。

ルートはセーフハウスを使わせてとジョンに頼み、
ショウには衛星電話を渡して、
カールトンホテルに向かうように指示する。

マシンは全体を把握できていないようだ、
とルートは言っている。

ギャリソンにグリアは車の中で会って、
サマリタン完成には政府のフィードが不可欠だという。

サマリタンは売らない、情報のみ渡すと言うと、
ギャリソンは驚くが、
何かあった時に企業の責任になる方がいい、
とグリアはうそぶく。

セーフハウスにサーバー7台を持ち込んで、
ケイシー達に解析させる。衛星電話を渡している。

ホテルについたショウは政府専用車とSSを発見、
それらを撮影すると、
歩いているジョンに公衆電話が掛かり、
ナンバーを伝える。5人分あり、
その中にルートが知っている番号がある。
それはコントロールの番号だった。
※コントロールは失墜させられた?
 グリアからサマリタンを奪う?

15階に上がって来たショウは、
指示を聞いて、銃を取り出し、
左の一番手前の部屋のドアをカードで開ける。
出て来たのはSSのようで、
一人目を倒してサイレンサーを付ける。

二人目が奥から出て来たので両膝を撃つ。

"SSがいるなら事前に言って"とショウは呆れるが、
ルートはショウには楽な処置だと安心しているようだ。

窓際にディスプレイが数台置かれており、
そこにはコントロールとギャリソンが映っていた。

ギャリソンは彼女に、手を貸してやれと言ったようだが、
サマリタンを奪ったやつに?
私の物になる筈だったものに、
金を払うのは解せないと言う。

ギャリソンはコントロールをおだてて、
政府のフィードを使えるように頼むという。
※議事に掛けられないとは思う。

議会は引き受けると言うギャリソン。

コントロールにはリベラを頼むと言う。
リベラは大統領顧問だそう。

その洞察力を駆使して、
サマリタンのメリットを理解させてくれ、
とギャリソンは更に持ち上げ、
テストの結果の書面を出す。

見返りは? と聞くので、オープンシステムと答え、
所有者は民間組織、我々は責任を問われない、
国はこれまで通りテロリストから守れる、
と言い、ゲーム経験が長いと言う。

ゲームじゃないわ、
国の安全が掛かっていると彼女は言って鼻で笑い、
テストの結果を見せてと言う。

ショウは一部始終を見ていて、
デシマと組んで人類を支配する気よ、と言い、
殺していいかと問うが、
ルートは誰にも間違いを犯す、
とニコリする。

ご冗談、とショウはイラつくものの、
表の様子を聞かれて外を見ると、
政府の車が増えたと答える。

NSA長官のカエル・ホルコム将軍、
大統領上級顧問のマニュエル・リベラとルートは説明する。

5番目はまだハテナマークだとショウに聞かれて答えてもいる。
まだ殺しちゃいけない、とショウに念押しする。

一方、フィンチにグリアは、
マシンをコントロールする気がないと言う。

コントロールはリベラを揺さぶる。
ビジュランスの資料を出して、24時間以内に何かすると言う。

ギャリソンは席をはずして、人と会うと出て行く。

ルートとジョンはカフェにいるのだが、
そこに男が現れる。
ルートは男に、聞きたいことがあると話しかけると、
男はマシンガンを乱射、彼がテロリストだと判る。
※菓子パンがよくできている。

発砲したジョンにより、
男は撃たれて倒れたので、取り押さえ、ポケットを探る。
名前はナイル・ジェイコブス。

USBメモリが出てきて、ルートがスマホに挿すと、
スタックネット型ウィルスが入っていおり、
ナイルが作った物と判る。
小型スイッチを操作するウィルスだと言うルートは、
ビジュランスと断定する。

ショウが、ビジュランスがこっちにも来た、
コリアーがいると知らせる。

ナイルは、もう手遅れ、始まってしまったと言う。
ルートが傷口をブーツで踏んでいる。

コリアーの本名:ピーター・ブラント、
偽名:ピーター・コリアー
_とマシンが表示。

'10年。ミシガン州・連邦検事局。
キーとなる日付・精神的側面(profile)、検索中と出る。

ジェシー自身が脅威だと検事らしき人物が言う。

コリアーは、善き父だ、人違いだと訴えるが、
最愛の人でも最悪の決定をすると言われる。

ジェシーはアジスという男と親交がある、と検事が説明。
アジスのいとこはエジプトの米大使館を爆破未遂した、
イスラム教テロ組織のメンバーだという。

兄はムスリムでさえない、とピーターは言うが、
2年前人生に変化があった、酒に溺れ、妻に捨てられた、
監視カメラにウソはない、と検事が言う。

'14年現在。

武器が足りないとジョンは心配しているが、
ルートはコーヒーショップの男のマシンガンを借りたという。

ベースの3人組に連絡を取ると、
組み替えていたので時間が掛かっているというので、
時間を聞いているとルートはイラッとして聞き返す。
2時間、トランスポンダーの分析をしていて、
ダイゾーが頑張っている、敵の妨害工作をしている、
と言う。

コリアー達はホテルのキーを入手、エレベーターに乗った。

ルートはショウに、元ボスとお喋りしに行くよう指示、
ショウはコントロールを射殺したがっているが、
引き金を引けばハロルドを死なせるとジョンが言うので、
ズルいよリース、とショウは切な気。

部屋をノックしてSSが出迎えると、
ショウは両膝を撃ち抜く。

コントロールが、エージェント・ショウと言う。

将軍が誰だと聞くと、
お子さんの学校そばでテロリストを仕留めた工作員だと紹介。

あんたのこと助けに来た、と嫌そうにショウは言う。

ビジュランスから取り上げたウィルスは、
ある会社のスイッチを狙ったものと三人組から連絡が入る。
ルートがどこの? と訊くと、電力会社と答えるので、
ショウに危険が迫ってる、とジョンに急ぐよう促す。

今向かってる、とショウに連絡、ジョンが早歩きするが、
既に電力が絶たれ、来た方から暗くなっていく。

'10年。
フランキーの父・コリアーの兄が逮捕されたが、
獄中で自殺したようだ。
酒に手を出した兄が悪い、義姉さんのせいじゃないと宥める。

そこに邪魔してすみません、とお悔やみを言いたい若者が現れ、
服のボタンのような物を渡す。
お兄さんがいなければ僕は死んでいた、
持っていて下さいという。
他人を救ったんです、と立ち去る。

電力を失い、マシンの信号が絶たれる。
携帯電話基地局の電力は数%で、かろうじて連絡が取れる。

グリアとフィンチのいるフロアも停電。

暗闇の中で、グリアはWWUでの思い出を語りだす。
夕日だと思ったが、それは空が燃えていたのだと解った、
と聞いて、入隊のきっかけかとフィンチに訊かれる。
自分が知っている情報だとMI6に入ることになったとか、
と話すと、戦後、戦争は複雑化し、最早同盟は存在しない、
サマリタンがリーダーになれば、
理論による統治となる、と話す。

コリアーがエレベーターからショウ達のフロアに到着、
一行を先導するショウと撃ち合いになる。
将軍が撃たれ、リベラとコントロールがコリアー達に捕まり、
エレベーターのドアが閉まる。

残ったビジュランス達に銃を構えられるが、
非常階段を上がって来たジョンが兵士を射殺、
遅れたと言うが、タイミングバッチリ、とショウが言う。

ルート達はニュージャージーに入る。
5番目の番号が出た、グリアだと告げられ、
フィンチが危ないと言うジョン達の前にハーシュが現れる。

ハーシュはコントロール達を救出しに来たが、
彼はフィンチの居場所を知っていると言われ、
ここは協力するしかない、と銃を下す。

ギャリソンがグリアの元にやって来るが、
直ぐにコリアー達が現れ、ギャリソンもグリアも、
フィンチも連れていく。

'10年。ランドン検事補は? と尋ねるコリアーに、
異動になった、私が訊くと女性が言う。

友人が話してくれた、兄は断酒会に行っていて、
テロリストじゃなかったと訴える。

女性が、獄中死した証拠があると言い、
無実なら死のうとしないと告げるがコリアーは、
希望が無くなれば人は死ぬ、奪ったのはあんたらだ、
奪った罪を償え、と言うと、警備が入って来たので、
部屋を出る。

するとCメールが入り、君の疑問に答えよう、
真実を知りたいだろう? と表示される。
※グリアから?

ハーシュ達とビルから退避するが、
誰が運転するかで揉める。

ルート達はどこかの高台に到着、
サーバーの準備ができたと3人組が報告、
ルートは身元キットを渡し、あの車がそれぞれ送るから、
とやって来る車を見やる。
ルートは? と問われるので、一人の方が幾分勝算がある、
と言い、あれがサマリタンよ、と麓の施設を見る。

ハーシュが知っているフロアにやって来るが、
グリア達はいない。
TVモニターが置いてあり、
"しばらくお待ちください"という表示が出ている。
※これ、懐かしい。今の日本ではもはや見かけない。

するとコリアーが映し出され、LIVEと表示されている。
ようやく時が来たと言い、公開裁判を行なうと宣言する。
フィンチやグリア、ギャリソン、コントロールが並ばされる。

ジョン達はそれを見て絶句する。

_まで。
 
『ウルトラセブン』 
ガッツ星人の後編。今回は全部観れた。

本放送当時、これはショックだった。
月曜の教室では、どうなっちゃうんだと揉めた。

もう子供じゃないんだから観ないとか言ってたのに、
小学5年生は我慢できず、口にしたのである。

今観ると、SFを作ろうとしていたのが判る。

SFにサスペンスは必要で、
それとデザイン能力の高い美術が組めば、
日本でのSFは可能だと思えた。

この、
デザインというのは脚本の高い読解によるものであり、
どこそこの作品から借りるというよりは、
実用性とかのリアリティだと考える。

様々な細かいギミックの積み重ねにより、
リアリティが確保できる。

単なる一発美術というのとは違う。

勝算がなければ・一撃必殺でなければだめなんだ、
という高い要求により、
セブンを蘇生させるための高エネルギーを開発する。

ちなみに、
フルハシ隊員のカノジョが乗るコスモスポーツが、
帰マンに使われたと思っている。

あと、夜は明けてましたね。今観ると。

『タイガーマスクW』
36話。6/18放送分。

Uのスキュアで棚橋は担架で運ばれ、
WがミラクルUを倒し、病院へ。

Wの必殺技は何だ、
とアナウンサーがフクワラに問うが解らない。

おやっさんが"虎バサミだ!"と言うので、
ハルナが意外な顔をする。

ハルナはフクワラの処にいって、タイガーファングです、
と言い換える。
牙で獲物をしとめるってことか、とフクワラ感心。

記者もいい名前だと言い、
最初の必殺技は名前も無かったからな、
という。

戻ったハルナに、お前何で勝手に、とおやっさん不満。
最初の技も、猛虎重爆という名があったのにとか言う。

次の対戦をどう組むかと悩むが、オカダはシングルに温存したい。
Wとタクマで次のタッグにする、と決めるが、
身体がついていかないと心配する。
タクマは、大丈夫だ、馴れて来たと言う。

次の対戦で向こうはVとUとなる。

逸るWはVにやられ、タッチしたタクマとUの戦いとなる。
再びVとWの戦いとなり、タイガーファングを掛けるが失敗、
Vはサクリファイスという技を掛ける。
そこをタクマが助けるが、タクマはUにスキュアを掛けられる。
タクマはもがいて、Uはバランスを崩し、
リングまで後退、そのままUはタクマを場外に投げる。

落下したタクマは失神。
Wは二人になぶられる。目を覚ますがまだ立てないタクマ。

Vは、虎のマスクは虎の穴の物だ、
マスクを剥奪するとマスクに手を掛ける。
父・フジイはタクマに立て! 
と声を掛け続けるうちに車椅子から立ち上がる。
"立て! ナオトが危ない!"とフジイの叫びに、
ルリコが驚く。
Wのマスクが半分剥がされ、全て剥がされる。
そこにタクマは立ち上がり、クロスボウなる技をVに決め、
コーナー吹っ飛んだVは失神、
俺が何の武器も持たずにこのリングに戻って来たと思ったか、
と引導を渡す。

父に捧げた勝利をかみしめるが、
そこにUが襲い掛かるがナオトが叫び、
クロスボウを再び決め、
吹っ飛んだUにナオトが答え、キャッチ、カウントを獲り、勝利。

ハルナがナオトにタオルを掛け、退場。

フジイに"今、立ってましたね。無我夢中だったんですね"
とルリコが言う。

よくやってくれた、とナガタさんが二人を労う。
第五試合の結果で、最終試合に誰を出すか判断すると言う。

Uはもうだめだ、とMTが言い、ミスXがVに行けるわね、
と言うと、ミスターXが止める。

Vにはインターバルを取ってもらう、
第五試合にはMTに出てもらえばいいと言う。
向こうはオカダ、消耗されれば、エクストラマッチでVが出る、
これが必勝の策だ、と言う。

ミスXは采配を任されたというが、
ここまでもつれたら別だとミスターXは言う。

ミスXはVに打診するもMTは、
俺がオカダに勝つと豪語する。

MTはオカダに毒を吹きかけ、波乱の予感。
_まで。

『エクスカイザー』 
流星群を破壊する衛星を、
シャトル経由のステーションで操作。

徳田さん大活躍!

初の宇宙での戦いとなる今回は後の伏線になっていく。

ドラゴンジェットの変形が観れる。

スタジオ天の頃の佐村君が動画。偲んで観る。
※佐々門作監だが、
 設定に忠実な動画ならOK出すとみた。

 実は優しい人なのかも。

 元教え子何人かに佐々門さんのことを聞くが、
 あまり情報が入ってこないまま。

 未だ、一人で全部やるのは凄いと思うが、
 作画のクセがキツいと思っている。

 鬼太郎では原作に忠実だったので、
 やる気出すと凄いとも思う。

○『ブラッド・ワーク』
 原題:Blood Work.'02年。米。

 昔観た気がするが忘れてる。

 犯人は刑事? 或いは桟橋の船のご近所の人?

 殺人事件が起きて、2回目とも2人目が来て何かする。

 だが二人とも死亡している。
 この事件は2週間以内に発生していた。
 
 マッケーレブは2年前、暗号連続殺人犯を追っていて、
 心臓発作で倒れ、FBIを退職、
 今は心臓移植により生かされている。

 その心臓は妹・グロリアの物で、
 グロリアを殺した犯人を捜してほしい、
 と姉のグラシエラが依頼してくる。

 探偵の免許も持ってないが、調べることにする。
 
 一人目の被害者・コーデルの遺族である妻に会う。

 車を調べさせてもらうと、献血シールが床に落ちている。

 グラシエラが、妹のことで、立ち寄り先等を思い出して、
 リストに書いてくる。姉が献血もしていた、
 と聞き、マッケーレブは驚く。
 ※マッケーレブの血液型は特殊で、
  犯人は彼に心臓を提供しようとしていた?

 LA病院に献血者のリストがあるというが、
 主治医の女医が激怒する。
 ※この女医さんが終始厳しくて楽しい。

  医者からすれば、尤もなことを言っているだけなのだが。

 被害者二人ともDのマークが入っており、
 それは臓器ドナーの印だった。

 犯人は血が欲しかった、
 ※グロリアの息子・エドモンドも同じ血液型では?

 かつて貸しがある保安官・とジェイと、
 グロリアが殺害された雑貨店に来て、
 監視カメラのタイムコードを見ると、
 グロリアの止血をしようとし、
 救急車を呼んだ"親切な男"こそ、真犯人だと判る。

 グロリアが殺される前に911に電話していた。

 一人目・コーデルの臓器が使えなかった、
 対応にミスがあって死亡したので、
 やり方を変えたのだと判る。

 となると、一人目の現場の通報者・ロックリッジかも、
 と言い、行こうとするが、トランクを開けてくれ、
 と言い、
 中からショットガンを取り出して、車に向かって発砲、
 保安官が呆れるが、
 ゴミ収集車で道路を塞がれたその車が逆進、
 マッケーレブを牽制しながら、保安官に迫るので発砲、
 全弾を撃ち込むが、逃げられてしまう。

 ずっと尾けられてた、と説明し、逃げられたと言い、
 ロックリッジの職場に行こうと保安官に促す。

 職場に来るとロックリッジは欠勤していると言われる。

 家に行くと奥さんだかが死亡している。

 喉を切られて1日以上経っているという。
 ロックリッジを指名手配した、とジェイが言う。

 犯人はロックリッジと思われ、船に戻ると、
 レイモンドとグラシエラがいる。

 夜。レイモンドが船を気に入って、
 まだ帰らないと言い、
 バッグの中から新聞の切り抜きを見つける。

 書いてあった暗号を見て、1がないと言う。
 ※桟橋の番号だっけ? 

 そしてロックリッジが殺害されているのが見つかり、
 名指しの血文字も掲げられている。

 903 472 568 ハッピーバレンタイン
 とある。
 ※あのリストの中に犯人は必ずいるハズ。

 マッケーレブは配達された新聞の束に弾丸を撃ち込み、
 ロス市警の刑事に、
 この弾が、ボルトフの口に入れられた38口径と同じハズだ、
 と渡す。

 俺が犯人に撃った弾だ、2年前、
 発作を起こしたこの場所だった、と言う。
 ※ボルトフは、銃から辿ったロシア人で、
  誰かに命じられて殺人を犯したのではないか、
  と思ったのだが、
  勤め先から逃走、行方不明になっていた。

  だが、高架下で9mmで撃たれ、
  口から38口径の弾丸が発見されたのだった。

 桟橋に戻って来るが、姉とレイモンドがいない。
 ※桟橋のご近所さん・バディは何もしていない様子なので、
  マッケーレブが運転手として雇った。

  心臓移植したので、自分で運転するのが心もとない、
  という理由だった。

 小切手をバディに渡し忘れていたので船に向かう。
 二人は1時間前に帰ったと言う。
 マッケーレブは皿にあった首飾りを見て、
 シャツを上げろと銃を構える。傷跡はない。

 いつ気づいたんだよ、とバディが訊くので、
 小切手だよ、ヌーンはNO ONEと読める、
 つまり、1がない、暗号の数字にも1が無かった、
 と言う。

 あんたに命をやった、ネックレスはサニーの物、
 ロックリッジの女房の物、息ができるのは俺のお陰だ、
 グロリアの鼓動を聞くたび、俺の声を聴く、いつまでも、
 と言い、引き金を引けば二人に会えないとうそぶく。

 望みは何だと問うと、あんたが生きること、俺が生きることだ、
 と言う。

 あんたのためなんだ、本来の姿に戻してやった、
 俺はここを出て行く、ついてくるな、と歩き出す。
 どこかに落ち着いたら二人を返すと言う。

 出て行こうとする背後から腕を撃って、
 案内しろ、とベルトを抜き取り、
 これが緩まなければ死ぬことはないと言う。

 夜。座礁した船に来る。
 あの子を傷つける気はない、あんたと同じ血液だから、
 予備に取って置くとバディが言う。

 乗船したバディは付いて来いと言う。

 鍵が掛かっているドアの前に来るが、
 バディは取り出した鍵を投げ、
 気を取られたマッケーレブをすり抜け、
 海水の溜まる槽内に飛び込む。
 弾を撃ちこむが、当然死なない。

 二人は居て、出ようとするが、
 バディは船倉のロッカーに隠していた自動小銃を取り出し、
 待ち構え、ハモニカを鳴らすと、
 通路の3人に向けて掃射する。

 二人を自分の船に向かわせ、少し離れたところで待て、
 30分して戻ってこなかったら逃げろと言う。

 乱射が止み、マッケーレブが探している。
 二人は少し離れた場所で待っているが、
 バディはいない。すると見守るグラシエラの前方の窓に、
 血が垂れ始める。

 ずり落ちて来たバディにレイモンドは腰を抜かす。
 グラシエラはスロットルを押して、座礁した船に近づける。
 
 伏せてなさいと促し、船は座礁船に衝突、
 撃ちまくっていたバディは座礁船の甲板に放り出される。
 
 俺達は繋がってる、俺が必要だろ? と倒れたバディは、
 銃を構えるマッケーレブに言うが、
 必要じゃないと言う。

 バディが自動小銃に手を伸ばし、構えるので撃つ。

 半分海水に浸かった船の水溜りに半身がのけぞる。
 水面から顔を出したバディは、お前を救ったのに、
 というが、
 グラシエラが顔を押して、再び水に浸かる。
 
 朝になって、ジェイが来る。

 いい気分だとマッケーレブは答える。

 周りがそっとしてくれれば、二人は大丈夫だと言い、
 俺はグロリアの心臓を貰った、
 彼女に導いてもらうよと答える。

 君は? とジェイに聞くと、いるわ、とグラシエラを気遣う。

 そりゃよかった、とマッケーレブが言う。

 あの刑事・アランゴがやって来て、
 ヒスパニックになったと思うなよと悪態をつくので、
 今度顔を見たら、この心臓が許さないと言う。

 ヒスパニックを敵に回すぞ、とか言いながら帰る。
 
 夕焼けの中、
 二人を乗せて少し船で走る。レイモンドは魚が釣れないという。
__________________________
○カラオケに行くなら、23時ぐらいには起きて準備したい。

 いずれにしても、金曜夜か。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また雑記・はい予約録画の消化。 會と曽と曾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる