會と曽と曾

アクセスカウンタ

zoom RSS だから雑記・しっかり予約録画の消化。

<<   作成日時 : 2017/04/12 00:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

○本日月曜は寒さがキツくなっていく。
 風が強くなると、下の住人は思いっきり壁だの床だの天井だの、
 叩く。
 離れた、PCの前に居て、つくづく呆れる。
___________________________
『あさイチ』
今再びトランプ特集。

有働ちゃんが先日取材に行ってきたレポート。
※9年前の有働ちゃんが観れる。

 なんだろう、昔の方が痩せていて、それはそれでよかったのだが、
 今の方が断然よいです。

今回ロケでは、つけまつ毛が長くなってる!

いろんな人から話を聞くが、
合法移民と不法移民が混在する地域で、
取材のセカンドコンタクトできず。警戒されたのかもと思われるが不明。
NYでは、国民が選んだのだから不支持でも、
現状静観すると言う声を聞く。

メキシコもグアテマラ側に壁を作ってるそう。なんだ。

『ひよっこ』
○昼前の汽車で東京に戻るという。
 学校があるのでミネコは登校、教室で汽車の音を聴く。

 時子、ナマる。

 実は東京に戻ると、レストランに出向き、
 美代子がくれた包みを渡す。中には作ったマンジュウが入っていた。
 オーナーはマキノスズコといい、息子の省吾がコック長のようだ。

 宿舎に戻ると、仲間から送金はどうしてる? と聞かれ、
 直ぐに郵便で送金してると答える。
 ※答えて大丈夫なのか?

 上野駅でスリが出稼ぎ労働者を狙ってる。
 弱い者が弱い者から奪うと実はムッとする。
 郵便局に行く時は気をつけろと念押しされる。

『NUMB3RS3』
一軒家で殺人。6週間で3件目。

ラリーがくれた、幸運の臭いTシャツをチャーリーが返して、
宇宙に行く時に着てほしいと話すものの、チャーリーは寂しい。

3件の共通点を考えると、売出し中の空き家ぐらいしかなく、
仲介業者は別々の不動産のようだ。
※まとめサイトで選んでる?

家の分析をすれば犯人の好みも判るかも、と言うチャーリーは、
多属性合成モデルを使用し、他との比較をする。

3人の被害者は殺害される前に、ATMで金を下ろしているのが判る。
多分、女目当てだろうと思われる。
一人目の被害者の妻にメーガンが会う。
1年前に越してきた、広い家を見に行っていた、
数百$は私の誕生日が近いから、プレゼントを買うためかもという。
※この奥さん、後れ毛をいじりながら話していて、
 ちょっと怪しい。

ラリーが、
メーガンのための望遠鏡を大学のどこかから調達してくる。

で、着信音が鳴るのでチャーリーが? と思って見やると、
ラリーがケータイを持っている。
NASAから連絡があってからだと言い、何かを話して切ると、
NASAから外されたと言う。

家で、アランがミリーに聞いたところ、
ラリーの匿名のライバルが、ラリーの素行を言いつけたらしい、と言う。
それはミリーじゃないのかと言うが、アランが庇う。
そのやり取りでチャーリーは閃き、場所とか環境かもと思う。
 
3人目は性的虐待、2人目は未成年買春、
1人目は7年で5校も渡り歩いており、
生徒にイタズラしたことが疑われる。

3人目が未成年出会い系チャットルームにアクセスしており、
性犯罪の被害者が復讐しているかもと考えられる。
犯人は性被害者の家族ではないかと思う。
痕跡を調べ、HNを洗うという。

アミタは、チャーリーが喜んでいると言い、
ラリーが大事なのねと理解する。

アミタが作ったプログラムを見せてくれると、
3件の現場の周囲に、子供が集まる場所がある。

チャットルームでは、チアチック15というHNと会話していたのが判明。
3ヶ月前に現れたと言う。
ブレンダン・マクラリーという男で、娘が襲われ自殺していて、
娘が不動産会社に勤めている、というので連行に向かう。

息子が参加するサッカーの練習にいたマクラリーを、
デヴィッド達が捕まえるが、“我々は同じ側にいる!”と抗弁。

子供の前で拘束されたマクラリーは、自分ではないと主張。
性犯罪者を逮捕させていると主張、容疑も晴れ、
引き取りに来た妻が、間違いだらけだ、娘も助けられなかった、
犯人も捕まえられなかった、とFBIを罵倒する。

マクラリーは性犯罪者から真実を引き出し、
カウンセリングを受けないと犯罪者だとバラすと言っていたようだ。

ミーガン法、ジェシカ法に照らして、アミタのプログラムに重ねると、
LAはホットゾーンだらけになる。
これでは彼らを止められないと途方に暮れる。

デヴィッドが、
サントスの自白映像がアップされていると報告に来る。
サイトに送りつけている。2人目も見つかったというが、
1人目はまだ、とドンに、サーバールームで見せる。

オニオンルーティングという手法で配信しているとチャーリーが言う。
手紙の中に手紙を入れ、転送しているので足がつきにくい。
これなら、ラリーの研究を利用できると言うが、
メーガンはチャーリーに、ラリーのことでNASAに訊くとかできないか、
と依頼する。
メーガンが宇宙に喩えるのを聞いたチャーリーは、
二人は仲がいいと喜ぶ。

1人目の自白映像が入ってきたら追跡すると言い、
待ち構えていると始まる。
データの時間が増えて行っていると驚き、これはライブだ! と気づく。
ピング追跡して、ソケットを見つけるという。

住所を特定、ドン達が踏み込むと、母親と娘しかいない。
ドンやデヴィッドは恐縮して詫びて、ドア他の弁償もすると話す。

ヘリが飛んでいる音がする中、
チャーリーはルーターに細工している、と言うが、動画が切れる。
無線LANを使っているといい、近くにいると空き家の情報を伝え、
ドン達が再び踏み込む。

その家だった、ヘリの音に気付いて慌てたらしいと連絡すると、
送信機器を残して逃走したとコルビーが見つける。
※奥さんがやってるかも。

守る会のメンバーリストを見ていたが、
チャット自体に目を向け、語彙や構文のクセを見つけ、
独自のスタイルの共通点で特定するために、
守る会のメンバーの発言を解析すると言う。

メーガンが最新のチャットリストを届けようと大学に来ると、
アミタが声を掛け、ラリーの事を話し、ちょうど自分も向かうから一緒に、
と誘う。

チャーリーはヨーク博士と電話し、ラリーの人となりを話し、
人柄を保証すると伝える。
ドアの陰で、2人が聞いていて、メーガンがニコニコして立ち去る。

構文やPCからのメール、チャット使用から、
ブレンダン・マクラリーがやはり怪しいと思われるが、
妻と息子かもしれないと言う。

ドンがマクラリーの息子に静かに話す。
PCのデータから、被害者家族のサイトでチャットしていると話す。
“どうして話してくれなかったの?”と母親が聞くと、
“パパはヘンタイ探し、ママはボンヤリ、ケイティーの部屋で過ごす”
と言い、ケイティが亡くなったら、家族も無くなった、
何の役にも立たない、リストを渡したと供述する。

NASAから電話で、復帰したとラリーがチャーリーに知らせに来る。
NSAの誰かがプッシュしたと言う。
チャーリーは喜ぶが寂しいと伝えると、
生徒より指導者の方が辛いものだとラリーは言う。

ティルマンはコンピュータの教師で、
エレインが不動産業者と連絡を取っているのが判る。
2時間前に、次の獲物に手を掛ける行動を取り始めたが、
約100軒の家がある。
LANが使える場所で、ジェシカ法と照らし、
ホットゾーンの中だと5軒に絞れたとチャーリーが言う。

ロス市警とも連携し、5軒を回る中、
メーガンがティルマンの車を発見、突入すると、
エレインが新たな性犯罪者をガムテープで拘束して、
包丁を首に当てていた。

エレインは、夫が娘に近づかないと言いながら、
娘のスーザンに触った、傷つけたと興奮している。
PCに証拠が残っている、捕まえることができる、
そこまででいい、とメーガンが説得、
ようやく興奮が収まり、逮捕される。

ラリーにドンがFBIのキャップを餞別に渡すと、
ラリーは宇宙にFBIを知らしめると言うが、
宇宙人はFBIを知っていると皆が話す。

メーガンが車まで送ると言う。
ラリーはメーガンをニュートンのリンゴに喩え、
人生が一変したと感謝する。

コンコースには(何と!)バズ・オルドリン飛行士が座っている。
※OPのクレジットで出て来て、え? とか思っていた。

スペースシャトルの打ち上げ中継をみんなで観る。
アランがラリーにちなんで、ミルクで乾杯と持って来て、
みんなでカウントダウンする。

※リドリー・スコットの宇宙好きと、
 トニー・スコットの社会好きが融合した、見事なエピローグ。
 カッコいい。


少女が荒れ地を歩いてくるが、山道で倒れる。

カリフォルニア州捜査局のレイチェルがドンを迎える。
カルト宗教団体・アブナーストーンから、
少女・ジョゼフィンが逃げて来たのだという。
病院に搬送、預言者ストーンを捕まえようとする。

アブナーストーンは使徒の聖者会といい、
レイチェルは12年前から追っているという。
ジョゼフィンは73人目の妻になると話す。

アブナー・ジョン・ストーンという男が教祖で、
信者は2000人以上いる。
“カリフォルニア・チューブ”のルイスバーグを乗っ取っている。

ジョゼフィンは、リー・ブレイディの家に居たところ捕まり、
砂漠のトレーラーに連れ込まれたと話す。
1時間ぐらい歩いたようだ。

チャーリーはアミタと学会に向かい、ドライブ。
そこにドンから連絡が入り、トレーラーの位置が知りたいと言う。

JPSにリンクしてる? と聞き、
座標と少女の発見位置を知りたいと言い、
レビフライト的動きをしているので、エリアごとに優先順位をつける、
と言う。

ストーンは、カナダでは手に入らない物があって、
カリフォルニアに戻ったと考えられた。

トレーラーに向かおうとすると、
ジョゼフィンの母・エマニュエリンが受付にいるので、
レイチェルが残る。

今もストーンを信じてるでしょ? と聞く。
ルイスバーグを追われた、妻になることは名誉なこと、
と話していると、ジョゼフィンが聞いて、
娘を差し出したの? と怒り、レイプされたのよと言う。

トレーラーに踏み込もうとすると、
ショットガンのワナが仕掛けられていて、危なかった。

ゴミ箱には何かの地図のような図形が描かれた紙が見つかる。
※生命の樹?
ソファにあったキルトにも、似たような図形が縫われてある。

チャーリーは学会よりこっちがいいと、現場に向かう。

ジョゼフィンの母は、家にストーンが来た、
銀の大型の車だったと言う。

ジョゼフィンがリーに電話していると、母が猛烈に怒る。
レイチェルは、保護権を取り上げるわよ? と制止するが、
お告げがあったのよ、と言う。狂信的な信者なのがバレる。

トレーラーでチャーリー達は合流、絵を見る。
悪人はなぜ純血にこだわるのかと不思議がる。

レイチェルがシルバーのSUVだと断定するが、
封鎖を突破していた。

LA内に信者は50〜60人ぐらいいると言う。

帰宅したチャーリーとアミタに、アランの目線が泳ぐ。
ミルドレッドと飲んでいた。

アランは“バイブレーション”とか言っている。

病院を抜け出したジョゼフィンとリーだったが、
連絡が取れた、リーと家に帰ると血の跡があったという。

図形は一見ランダムだが、法則があるとチャーリーが言い、
キルトと紙の差があるとアミタも指摘。

帰ろうとするミリーが黒板の図形を見て、牛の近親交配の図?
と聞くので、系図かと判る。

ジョゼフィンは実の娘なのだと判る。
遺伝的問題があるが、均衡係数、ライトの方程式とミリーが言う。

ストーンの近親交配から来る数値は42%、
普通は0.1か0.2%だとチャーリーが言う。
※何だかアミタが気味悪がってる。

健康な子供ができなかった、外の女性が必要だったのだと言い、
ジョゼフィンに姉妹がいるハズと推測する。

腹違いの姉妹はルイスバーグにいると答える。
ルイスバーグの外にいる、ジョゼフィンの知らない娘がいると言う。
エマニュエリンはジョゼフィンの姉でもあると判る。
父親が同じだと知る。

ジョゼフィンの知らない、7つの家族を当たることにする。

夜になり、張っていた州警がSUVを止める。
すると男が出てくるので銃で制止させるものの、
ストーンが出て来て、保安官を射殺する。
中にはエマニュエリンが泣き叫んでいる。

レイチェルがムキになるので、ドンが問うと、
ストーンと一緒に育ったからだ、
私は13歳の時に60歳の男と結婚させられた、
19歳で逃げ出した、と言う。

コルビーが、
7つの家族から証拠が見つからなかったが、隠し事をしていると言う。

メーガンが差し入れをジョゼフィンとリーに買って来て、
ママは姉でもあると打ち明け、知ってたの? と聞く。
私のパパがママのパパ、とリーの傍に座り込む。

ベイカーズフィールドに来て普通に育ったが、
母は字も読めない、“新たな都”を作る気だと話す。

SUVが棄てられ、3台盗まれたとドンが話し、
車内にはmp3プレーヤーが置いてあった、
ポッドキャスト用の録音物をサイトにULし、
コードを入れて探し出すとストーンの肉声が聴けるというもの。
どこでULしたか、場所を特定できるとチャーリーは言う。

隠れ家なら、また行くかもと言う。

FBIのセダンで荒れ地は不向きだとコルビーがぼやき、
施設のある場所の近くでレイチェルと降りる。

しかし屋内外から掃射を受け、レイチェルが被弾する。
武装する兵士も屋上にいる。

ストーンは電話で肉声を、カメラで映像を配信し、
TVでも放送される。

立て籠もりするストーンは悪魔を倒すと叫び、
ここが“新たな都”となると言う。
撃ち続けるもののFBIが迫って来るので、
怯えた男性信者がストーンに射殺される。

“弱気になった者を殺してる”とレイチェルは、
銃創を受けるものの突入に加わると言う。
仕方なくドンが銃を渡し、突入を開始し、接近すると、
ストーンはガス管を外し、ランプの火を給湯器の上に置き、
エマニュエリンを楯に出てくる。

プロパンガスを開けた、とドンが叫び、退避を呼び掛けていると、
屋内で大爆発が起きる。
ストーンは逮捕、エマニュエリンをレイチェルが保護する。

遺伝的欠陥を隠すために、
系図を書き換えたかったとチャーリーがアランに言う。
学会が面白くないとチャットをしているようだ。

アランも呆れているが、ドンも帰宅すると野球の試合を気にして、
事件の話を避けているようだった。

『ティガ』
※郷田ほづみさんが出ている!

 監督は川崎郷太さん。
 アングルがちょっと実相寺監督っぽい。
 
○『ダイハード4.0』
 何度目だろうか、観る。
 原題:Live Free or Die Hard。

 レン・ワイズマン監督はアンダーワールドの人。

 娘・ルーシーを尾けていたジョンが嫌われる。
 そこにFBIから男性保護の仕事が入り、向かうと銃撃に遭う。
 ハッカーを殺して回っているのが判る。
 マシュー・ファレルはかなりの腕前をもつ。
 
 ジョン・マクレーンは一人ワイルド7だと思う。

 マイという女とトーマス・ガブリエル、ムカつく。
 マイが中盤で死亡するのでざまあみろと思う。
 
 ガブリエルが作った、国内のカネを緊急退避させるサーバーは、
 富の集中を意図していると思う。

 F35もカッコいい。マクレーンが破壊することになるが、
 まあ不可抗力のうちかと思う。
 
○『デイ・アフター・トゥモロー』
 原題:The Day After Tomorrow.'04年。米。

 もう何度目だか、観る。

 エメリッヒ監督は群衆シーンが巧い。
 人が集まるシーンを作り出している、とも考えているのかも。

 セラ・ウォードが主人公の奥さん役で出てる。
 タムリン・トミタ、お綺麗。

 似た作品がこの後サイファイやシネテル等で作られるが、
 展開や人物設定、レイアウト等、
 ここからかなり取っているのが判る。
 ※シャークネードでも似たレイアウトが出てくる。
 まあ当たり前か。

 大きく違うのは、群衆が機能している点と、
 カメラが動的だったり、空間を見せる引きの編集が巧い。
 ※サイファイ等は意外にそこが緩いのかも。

 そうそう、動物園の飼育舎からオオカミが逃げ出すんだった。
__________________________
○YouTubeとTwitterが過激なコメント等の対策を発表するが、
 甘い気がする。

 一万人以上のユーザーがついて初めて広告を入れるとか、
 人数ではなく、内容を見て決めると言うのも、
 音声認識からテキスト化し、その単語から判断して決めるとか、
 まあ検閲するしか方法がない。

 広告収入というシステムを辞めてもいいと思うが、
 何より頭脳集団だと思っていたYouTubeやTwitterが、
 かなり緩い対策しか打ててないのが残念。

 プログラムやAIで対応するとか、実験的な方法ではなく、
 物理的対処の段階、即効性が必要だと思う。

 lineとかどうしてんの? あ放置か。
 問題起きてないなら、lineから学べば?

 スタンプじゃそのままだからダメか。

 プログラムで見つける、ってのがな。
 やはり通報制にして、見付けたら応分の報酬を与えるとか。

 見た人間は賞金が貰えるならやると思う。
 その金額は、検索を一週間で発見した場合なら10万円とか、
 見てる側が常にシンパではない訳だから邁進するのでは。

 敵対者を通報するとしても、
 それをチェックする集団がいてもいい。
 或いは、犯罪自主監察組織を立ち上げるとか。それなら同じか。

 安心して広告料を払ってもらうためには、再生回数が多く、
 しかも健全、犯罪性がない内容でなければならず、
 そうなると通報制にする、
 何より広告代理店がやれよって感じだが、
 そうするとカネを払わなければならない。

 広告代理店が賞金稼ぎができるように告知をネットで行い、
 しかも広告を打ち、そのサイトの収入で賞金を供給するとか。

○昔飼っていた犬の夢を見る。
 いつもの散歩コースに付いていくが、
 大通りの手前で見失う。

 舗道に自転車カバーで包まれた何かを見つけて、
 あうちのタロウだ、と直ぐ判り、焦って近づく。
 死んでるかと思うが、カバーをどけると目を開けた。
 生きてるとホッとするものの、黒かった毛は真っ白になっている。
 轢き逃げにムカつきながらも、
 GSの店員さんがケータイを眺めてるので、
 獣医さんを至急呼んでくださいと駆け寄りながら言う。
 _というところで目が覚めた。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
だから雑記・しっかり予約録画の消化。 會と曽と曾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる